歯医者さんになりたい!そう思ったら、歯医者になる方法をまずは知る必要がありますね。歯医者さんは「歯科医師」と呼ばれますが、歯科大学、もしくは大学の歯学部を卒業する必要があると同時に、歯科医師になるための国家試験に合格する必要があります。これは歯科医師国家試験と呼ばれます。これに合格する必要があります。この国家試験に受からなければ、たとえ大学の歯学部を出ても、歯科医師にはなれません。そのため、歯学部を出ても国家試験に合格できないというケースもあります。なお、歯科大学、もしくは大学の歯学部は6年生が基本です。また、歯科医師国家試験に合格した後、1年以上の研修を受ける必要があります。

つまり、6年間歯学部で勉強した上で、歯科医師国家試験に合格する必要があるのです。まとめますと、歯科医師になるためには、高校を卒業後、大学の歯学部もしくは歯学大学に入学、歯科医師国家試験に合格する必要があるのです。また、大学病院や指定の病院にて、臨床研修を1年間する必要があります。その後、歯科医院などに就職するのが一般的なコースになります。

歯科医として独立開業を目指している人でも、最初は歯科医に就職し、様々なことをそこで学んで経験を積んでから独立開業するというのが一般的です。なお、勤務医として歯科医師が働くと給料は決して高くありません。そのため、多くの人が独立開業を目指しています。しかしながら、歯科医はコンビニよりも多いと言われており、歯科医になれば自動的に事業が上手く行く時代ではないというのが現状です。