歯医者の数がコンビニよりも多くなっていると言われている時代、何を強みとして自分の医院い人を集めるのかは、とても問われています。歯科医が過剰になっているので、優れた技術や特化した技術を持つ必要があるのです。

ちなみに、歯科医は口の中という狭い範囲で様々な器具を使って治療を行う仕事です。そのため、手先の器用さや集中力が求められる仕事です。最近では、女性の比率が向上しています。親しみやすさが求められる歯科医として女性の歯科医師が活躍しています。

なお、歯医者と医師の違いですが、医師の場合は医学部を卒業している必要があります。歯学部でも医学部と同様に全身のことを学びます。臨床科目では、内科学、外科学、眼科学など医学部など医学部の科目も関連医学として学びます。主に歯科保存学•歯周病学、口腔外科学•歯科矯正学など、歯学の専門性に沿った科目を学ぶことができます。

なお、歯科医師を養成する大学は、国立11機関、公立1機関、私立17機関、計29機関あります。なお、私立大学と国立大学では私立大学の方が、圧倒的に学費が高くなっています。私立大学に進む場合には相当な学費がかかるので、歯科医の子どもなどの進学が多いのが特徴的です。